結婚指輪はライフスタイルに大事な要素

職種による?失敗しない結婚指輪の選び方

結婚が決まって、両家の顔合わせを済ませた後は結婚指輪選びです。百貨店やブライダルリング専門店。どのお店のカタログも素敵。映画やドラマに使われた海外ブランドは女性の憧れ。夢が膨らみます。ですが、結婚指輪は毎日身につけるもの。ライフスタイルに合わせる必要があります。
例えば、カップルのどちらかがIT系お仕事の場合。毎日のようにキーボードを叩いていれば、指輪に摩擦が生じます。繊細なデザインのリングは早晩、傷がつく可能性も。近年、人気のエタニティーリングは宝石が邪魔になる心配があります。手を酷使するお仕事の人はシンプルで耐久性の高い素材を選ぶのが無難です。純度の高いプラチナはブライダル業界で人気ですが傷つきやすい素材。要注意です。

素材とデザインで選ぶならば

耐久性で選べば、素材はチタン。印鑑にも使用される強い素材です。しかも軽くて耐食性にも優れています。薬品を扱うお仕事でも大丈夫。安全な素材です。これでデザインをシンプルにすれば問題なし。
女性用は宝石を埋め込み式にすれば邪魔になりません。埋め込み式のリングはおしゃれなものが多いです。ファッション性を犠牲にすることなく選べます。家事をしていても引っかかる心配がありません。
デザインやブランドを重視したいという方はカジュアルとフォーマルで使い分けましょう。結婚記念日に二人で好きなペアリングを選び、外食やパーティー用にすれば素敵。実際に結婚指輪を複数持っているカップルはたくさんいます。繊細なリングは傷がつかない時につければ長持ちしますよ。

ブライダルリングとは結婚するときに用意する指輪のことです。エンゲージリング(婚約指輪)とマリッジリング(結婚指輪)の両方を指し、どちらか片方を指す言葉ではありません。